売れないマンションの値下げのタイミングは3ヶ月が目安

マンションを売りに出しているけれどなかなか売れない。
売主の立場としてはできれば値下げはしたくないところですが、値下げを検討するべきタイミングはいつなのか?これはズバリ3ヶ月をひとつの目安と考えましょう。

媒介契約の最長期間である3ヶ月で値下げを検討

その理由として、不動産業者との媒介契約の期間が
最長3ヶ月とされていることが挙げられます。

よく専属専任媒介契約、専任媒介契約の最長期間のみが3ヶ月と思われがちですが、これらは宅地建物取引業法による法規制であり、このほかに国土交通省による標準媒介契約約款によって一般媒介契約についても、その契約期間は3ヶ月と指導されていることから、実際にはすべての媒介契約において、最長期間は3ヶ月となっているわけです。

すべての媒介契約の最長期間は3ヶ月

もしも売り出しから3ヶ月が経過しても、マンションが売れないならば、
値下げ価格見直しをする絶好の機会であるといえます。

もちろん、値下げだけではなく媒介契約そのものの見直し、不動産業者そのものの見直しにも絶好の機会であることはいうまでもありません。

媒介契約の期間を見直すのもアリ?

媒介契約の最長期間は3ヶ月となっていますが、
それよりも短い期間の契約を結ぶことは特に規制されていませんので、
1ヶ月、2ヶ月、もっといえば1週間といった媒介契約を結ぶのも法的には可能です。

しかし、短い期間での売却は、不動産業者にとっては厳しい条件でしかないため、
初回売り出し時の媒介契約では3ヶ月の契約期間で様子を見てみるのが一般的。

ただし、3ヶ月が経過して売れなかった場合で、値下げを含めて同一の不動産業者と媒介契約を再契約して売却活動を続けるならば、1ヶ月とか2ヶ月といった3ヶ月よりも短い契約期間を提案してみるのもひとつの手段といえます。

短い契約期間とすることで、不動産業者もより売却活動に力を入れてくれる可能性もあります。

媒介契約の種類を見直す際の選択肢

これまで専任もしくは専属専任の媒介契約を結んでいてマンションが売れなかった場合。
契約見直しの選択肢として、一般媒介契約に変更することも考えられます。
そうすることによって、他の不動産会社とも契約を結ぶことが可能になります。

もしもこれまでの売却活動に不満があるなら、これまでの業者と契約を結ばずに、他社に鞍替えすることも視野に入ってくるわけですが、この場合、一般媒介契約で契約期間を1ヶ月~2ヶ月として、1社だけでなく複数社と契約を結ぶという方法もあります。

そしてその反対に、これまで一般媒介契約で思うようにマンションが売れなかったなら、専任もしくは専属専任に変更することも考えられますが、この場合、それまでの不動産業者よりも信頼できる業者であることが条件となってきます。

値下げするならいくらぐらいの値下げが妥当か?

さて、いざ値下げをするとなると、
不動産業者の営業担当さんと相談して決めることになるわけですが、担当さんにいきなり300万円の値下げを提案されたなら、あなたならどう感じますか? おそらくそんなに値下げするんですか~!!とびっくりしてしまうのでは・・・

では、どの程度の値下げが妥当なのか?
1000万円で売り出し中の物件で、
初回の値下げが300万円だったなら、ちょっと値下げしすぎです。

しかし3000万円で売り出し中の物件で、
初回の値下げが300万円だった場合、これは妥当なラインだといえます。

そして売主のイメージとして、30万円づつとか50万円づつとか、できれば少しづつ値下げしたいという気持ちはわかります。しかし3ヶ月売れなかったマンションは小額の値下げでは、正直インパクトがなく値下げする意味がないのです。

具体的にいうと、初回の値下げ金額としては、
売り出し価格の1割程度が妥当な金額だといっていいでしょう。

初回の値下げは売り出し価格の1割が目安

売主の立場を最優先したマンション売却ならソニー不動産

これまでの売却活動に不満があるなら、両手仲介を行わないことを原則禁止として、
100%売り手の味方となってお客様の満足を追求するソニー不動産がおすすめです。